ピアノの処分に掛かる費用

ピアノの処分を考えた場合、結構な費用が掛かってしまいます。

 

そもそも処分する費用も掛かりますが
ピアノを運び出すのが大変なので
移動させるのにもお金が掛かってしまいます。

 

私も近所の業者に見積もりを出してもらいましたが
59700円掛かるということでした。

 

そもそもピアノは1人では運べないので
人件費だけでも2人分の費用が必要になります。

 

さらに、階段の数や分解費などで作業代金も入れると
数万円は掛かってしまうのです。

 

ですから、ピアノを処分するときに
出来るだけお金を掛けないのであれば
自分で運ぶしかありません。

 

ただ、それでも輸送費が掛からないだけで
処分する際に3万円前後は掛かるそうですから
自力で処分する意味が無いように思います。

 

労力が掛かっているのにも関わらずお金が掛かるのは
厳しいですよね。

 

しかし、実はピアノの処分には良い方法があるのです。

 

ピアノが売れるってご存知ですか?

 

ピアノを処分するのに困っている人はたくさんいます。

 

・引っ越しのタイミングで処分したい人
・全く使わなくなってしまった人
・壊れてしまった人

 

など色々な理由があります。

 

しかし、実はあなたにとって必要価値がなくなったピアノでも
欲しい人はたくさんいるのです。

 

その証拠にピアノ専門の買取業者というのが存在します。

 

ピアノ買取業者は無料で引き取ったとしても
海外に輸出して高く売ることが可能です。

 

ですから、買取したり、無料で引き取っても損をしません。

 

仮に価値の低いピアノだったとしても
自分で処分するよりもずっと安い価格で処分してくれるのです。

 

ピアノを売るなら業者を比較するべき!

 

ピアノの査定をする場合は必ず業者を比較することが大切です。

 

なぜなら、同じ条件でも業者によって査定額が違ってくるからです。

 

査定でチェックする部分や減額の基準というのは
業者によって大きな差はないのですが
販売ルートの違いなどで査定額は変わってしまいます。

 

そもそも、ピアノを買取るということは
買取額よりも高く売る事が出来るという事です。

 

買取業者によって売り先がある程度決まっているからこそ
古くなったピアノでも買取することが出来るのです。

 

ピアノ買取業者の、売るルートは各業者によって違いますし
ピアノの移動に掛かる費用も違います。

 

つまり、残る利益も変わってくるのです。

 

 

少し例に出してみましょう。

 

A社
搬出・搬入費用 5万  販売ルート 20万 取りたい利益 10万

 

B社
搬出・搬入費用 3万  販売ルート 21万 取り合い利益 8万

 

 

という感じだったとしましょう。

 

すると各社の買取出来る上限は以下のようになるわけです。

 

A社
売れる価格 20万−搬入費 5万−取りたい利益 10万= 買取上限 5万

 

B社
売れる価格 21万−搬入費 3万−取りたい利益 8万= 買取上限 10万

 

 

このような形で上限が変わってしまうわけです。

 

ピアノを処分する側としては、そんな裏事情は知りませんから
買取してくれるならどこでも良いとなりがちです。

 

でも、少しでも高く買取してもらうのであれば
必ず比較した方が良いということは覚えておきましょう。

 

ピアノを買取してくれる業者の探し方

 

ピアノの処分をする場合は捨てるよりも
買取してもらうほうが得だという事はわかりましたね。

 

次は、どうやって買取業者を見つけるとよいのか解説していきます。

 

『ピアノ買取』などと検索することで
色々な業者を探すことは可能です。

 

しかし、上の方でもお伝えしましたが
ピアノ業者は複数で比較することが重要になってくるわけです。

 

すると、1社ずつ探して連絡をしていくのは
時間もか掛かりますし、とても面倒くさいですよね。

 

ですから、ピアノの買取業者を探す場合は
一括見積もりサイトを利用するのがオススメとなります。

 

近所にある複数の業者が簡単に見つかるので
ピアノの処分を考えているなら、是非試してみてください。

更新履歴